• ヤモリ

【5限目】不動産の購入注意事項

ヤモリの学校5限目 「不動産の購入」をご覧になりたい方はこちら




目次
  1. 概要

  2. 買い付け~購入までの流れ

  3. 買い付け注意点

  4. 法人設立

  5. 決済当日の流れと火災保険

5限目はついに不動産購入の話をしていきます。購入したら終わりではなく、ここからが始まりですが、1つの区切りではある購入について買付から決済までの流れとポイントについて整理します。


1.概要


買付から決済までの流れを理解する

買付には誠意を込めて

自分がどうしてこの物件を買いたいのか一言添えて買付をしましょう。

必ず効果がある!というものではありませんが、その思いが売主に伝わることもありますので、是非やってみてください。添付資料で雛形の例もつけていますので見てみましょう。


法人設立は自分でやってみよう

持たざる者の不動産投資は必ず法人でやっていただきたいです。

設立についての理解を深めましょう。


火災保険は惜しまずしっかり入ろう

火災保険についてはよく質問をいただくのですが、惜しまずしっかり入ってください。何かあった際の補償を考えると金額としては大きくなく、不動産事業には必須と思います。




2.買付から購入までの流れ



事前準備をして銀行開拓

前回も融資のお話がありましたが、銀行開拓の際に物件を見つけてから銀行にもっていくと非常に時間がかかります。なので、物件を探している段階、銀杏を見つけたかな、くらいの段階から銀行開拓を始めましょう。


銀行に自分の人となりを知ってもらったり、資料を提出する作業を銀杏を探し当てたくらいから始めていきましょう。銀杏の比喩がわからない場合は 【2限目】物件検索 の記事を再度読んでください。



銀行開拓をし始めて、資料を送って銀行員さんとコミュニケーションをとって信頼を深めていきます。ある程度銀行と関係性を作っておいてください


もし物件が買えなかったとしても、いろいろな情報が聞けます。また、もし内諾を得られれば、今後その銀行のエリアで同じような物件であれば、融資してもらえる可能性は高いです。なので銀行開拓を進めながら、本当の銀杏だと思えるような物件を探し当てられれば、内見をしてヒアリングに