• ヤモリ

【3限目】 物件内見・管理会社回り


ヤモリの学校3限目 「内見・管理会社回り」をご覧になりたい方はこちら



目次
  1. 現地でするべきこと

  2. 現地での心得

  3. 事前準備

  4. 工務店アポのポイント

  5. 現地内見時のポイント

  6. 管理会社面接ポイント

前回、2限目では物件の探し方をご紹介しました。

電話でヒアリングして、実際に物件が良さそうと判断するところまできました。


今回は現地に行きましょうというお話です。



1. 現地でするべきこと


①建物の状態を確認しましょう

追って細かく話しますが、建物の状態確認をしましょう。

②修繕の見積り

基本的にはぼろぼろの物件を購入するのでどうしても修繕は必要になります。


③管理会社面談

電話をしてある程度の話はしているのですが、実際に会って話をするのはこのタイミングです。


戸建ては管理を委託しない可能性が高いのですが、アパートであれば、入居者さんのトラブルも発生するので管理会社さんに

お任せしたほうが良いです。


2. 現地での心得


①現地では時間との戦い

場所によって現地が近ければそこまでではないのですが、札幌や長崎など飛行機で遠い場所に行く場合もあり、時間との戦いになります。

始発で行って終電や最後の飛行機で帰ってくるなど、決めれられた時間の中で動かなければいけないので、事前準備をしっかりすることが重要になります。


仕事の出張と同じことで、出張の前に出張報告書を書いて現地で写真だけ取ってそれを入れ、内容が違うと感じたところだけ後から修正するという、そのくらい準備はきっちりやっていきます。


②工務店・管理会社は最低3社ずつ会う

この3社という数字は正直控えめに言っています。

5社くらい会えるのであればあってほしいし、アポでいえば7社くらいとってほしいです。

すっぽかされることもあるので、そのくらい多くの会社とアポを取ります。

最低3社は会うことをお勧めします。


③当日はとにかくハード

時間がないし、いろんな人に会って、同じ説明もしなければならないので、当日はとにかくハードに動いてください