不動産投資で成功する人の特徴5選


ヤモリの生徒さんや周りの大家さんで、「この人事業として不動産投資がうまくいってるな」と思う人の特徴をまとめました。自分に当てはまらないところがあれば、自分の行動を直してみたり、参考にしてみてください。



目次

①自分の生活に○○が強い人

②○○を身につける気持ちがある人
 ③○○が多い人

④○○がある人

⑤○○を大事にできる人 

動画はこちら⬇️


①自分の生活に不満・不安が強い人

いつも不動産事業をやる上で必要と言っている、「マインド」。ここからくるパワーが強いです。

2000万円問題や年金問題といった不安がある、会社がしんどすぎてどうしても違う仕事がしたい!という人。また、ずっとネットフリックスを見てぼーっとしていたい!という人でも、その思いが強ければokです。とにかく今の自分の生活に不満・不安の思いが強い人が成功すると思います。そこから全てが始まります!


②スキルを身につける気持ちがある人

我々は不動産「事業」と言っていますが、世にいう不動産「投資」は、「こういう商品がいいですよ」と言われ、「そうなんだあ。どんな感じなんですか」と売る側の人に聞いて、銀行もセットでついているということで現地に見に行って「こんなもんかあ。じゃあ買おうかな」といって、その場で意思決定をしてハンコを押して買ってしまうという一つの決まった流れがありますが、これでは何も身につかないです。

お金を投げ入れてリターンを待つ「投資」だったらまだいいかもしれませんが、ヤモリで推奨しているのは不動産「事業」なので、自分で学んでスキルを身につけてそれを活かしてお金にしていくマインドが大事です。うまくいってる人たちはそのマインドがとても強い。勉強やだな〜ってよりは、それって何?それやったらどういう良いことがあるの?と、どんどん吸収していって、大家力をつけて行く人が資産を拡大させています。


③行動量が多い人

「行動量=物件が出てきたら現地に行く、物件を持ってきてくれる仲介さんにできるだけ会う」 です。

きこり先生は午後半休を取って仕事を休んで飛行機で札幌・長崎など各地に飛んで物件を探していました。その時きこり先生は「飛行機で行きやすい」という条件で地域を絞って物件を探していたのですが、その条件さえも取っ払い、夜中車で現地に向かって、車中泊をして、朝のうちに物件を見て、朝の出勤に間に合うように仕事に行くという大家さんもいました。

また、きこり先生も、業者さんにたくさん会うことは重要だとわかっており、仕事終わりに一週間で2、3人会えれば良いかな〜と思っていたのですが、本当にすごい人は、業者さんに朝会って、昼会って、夜会ってと、まるで朝練・昼練。放課後練をする部活のような。何年間もやるのではなく、短期間でたくさんの業者さんに会う、行動量があるオーナーさんもいます。いかにして情報、人脈を得るかという意識がある人は成功していると思います。


④自責思考がある人

これまでの話は不動産を買うまでのことが多かったですが、不動産を買った後も事業は始まり、ずっと続きます。不動産事業では、様々なトラブルやうまくいかないことが結構起こります。例えば、事前に結構調査をして、下限で家賃を設定して、設備も整えて…と色々やってもうまくいかないこともあります。それで、管理会社さんにキレちゃう人もいるんですよ。でもそれではいけなくて、自分に向けて反省しないと解決しない。自分の物件や物件の条件の悪いところを考えて見つけて直そうとアクションするといった、自分の物件を良くしていこうという気持ちが大事です。

また運営している時だけでなく、売却するときも自責思考が大事。不動産事業は、最後物件を売却して終了になります。その時、うまくいかず、なかなか売れないと、仲介さんになんで売れないんだよー!と言ってしまう人もいますが、価格が高すぎるだけなのか、低くできないなら他に変えられる条件はないか、満室にしているか、など色々と先にやることはあります。

自分の方にベクトルを向けて自責思考ができるかどうかが大事です。不動産事業がうまくいってる人は売却もうまくいっている方が多いです。


⑤パートナーを大事にできる人

不動産事業に限った話ではないですが、事業をやる上ではパートナーが必須です

一人では絶対にできない、いろんな人の助けが必要です。ですが、いつしか協力してくれているパートナーさんは自分より下の立場で、自分が上の立場であると錯覚してしまうことがあります。そうではなく、パートナーさんのことを大事に思うことが大切。

きこり先生が北海道の物件で管理会社さんに行ったとき、その地方では少し有名な、とある大家さんが入ってきて、大量のカップラーメンを置いて自分の名前だけサインして出て行ったというエピソードがあります。真冬の寒い北海道、さらに繁忙期でお昼を食べる時間もない管理会社さんのことを想って、お邪魔する時間を短く、簡単に食べられる温かい食事としてカップラーメンをたくさん置いていったのです。たくさんの物件を持って成功している大家さんの、パートナーさんを大事に想っているのが見て取れるワンシーンでした。

そのような行動で、パートナーさんにも気持ちが伝わります。不動産事業は人と人ですから、良い関係を築いていくことで、良い物件の案内がもらえる関係になっていきます




以上不動産投資で成功する人5選でした!ご自身振り返ってみて、いかがでしたか?足りないと思うところあればこれから意識していきましょう!