• ヤモリ

収支シミュレーションの新機能を無料で提供開始

株式会社ヤモリ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤澤正太郎)が提供する不動産経営管理クラウド「大家のヤモリ」は、収支シミュレーションの新機能をリリースしました。収益物件を購入する際に、30年間の簡易的な損益計算書とキャッシュフロー計算書を自動で作成して分析することができます。 PR Timesのプレスリリースはこちらから


■ 収支シミュレーション機能

新機能の「収支シミューレーション」機能により、不動産投資家は収益物件の各種条件を入力し、30年間の手残りキャッシュフロー推移や初期費用含む表面利回り、返済比率などを分析することができます。「大家のヤモリ」のクラウドソフトウェア上にて、家賃の下落率、入居率、各種費用、税金などの前提条件を変えると、各々の条件に合わせたシナリオ分析が可能。条件入力と同時に自動計算が行われ、画面上でPL、キャッシュフロー、グラフに反映されるのも特徴的な機能です(ダイナミックスシミュレーター機能)。


「大家のヤモリ」の他の基本機能も含めて、無料でアカウントを作成してすぐにご利用頂けます。

※大家のヤモリ無料申込みはこちら:https://www.yamori.co.jp/subscribeforowner


本機能は、不動産オーナーのユーザー様から頂いた多くのご要望にお応えし、細かい前提条件を設定し、物件購入時の収支シミュレーションとして実際にご利用いただけるよう開発しました。過去のシミュレーション履歴を保存して残すことができるので、複数物件の収支予測や利回りを比較することも可能です。

    ダイナミックシミュレーター機能画面:前提条件を変更すると瞬時に計算に反映


   収支シミュレーション画面①簡易PLとCF


    収支シミュレーション画面②CFと残債のグラフ